最初の相談

交通事故1

交通事故に関して弁護士に依頼をする場合、まず相談を行うことから始まります。

いきなり裁判を行うのではなく、まずは弁護士に詳細を話してまずは今後の方針を話し合うことから始まるものです。

その後場合によっては保険会社と弁護士が話し合いを行い、交渉が決裂した場合には裁判に移行するものです。弁護士に代理人になってもらう際には着手金がまず発生しますが、その前の段階で初回の相談時には費用がいるものなのでしょうか。

一般的には弁護士に相談をする場合、30分や1時間で5000円といった料金を請求されるものです。

しかし中には最初の30分の相談は無料のケースが多くなっています。弁護士の方でも気軽に話を聞いてくれるので、この無料サービスは積極的に活用したいものです。最初の30分であれば無料になっている事務所が多くなってきており、気軽に相談をすることができるようになっています。

そのため、交通事故被害者の方はまずは気軽に弁護士事務所に連絡をしてみるといいでしょう。今では実際に弁護士に相談をする方も多くなっているので、特に敷居が高かったり大げさだったりすることでもありません。

むしろ正しい意見を言ってくれるので、今後の方向をしっかりと見極めていくためにもまず相談をしてみることが大切です。

着手金と報酬金